【Fissler】の怪しい偽サイト通販を徹底解説!

 

「Fisslerの通販で圧力鍋を買おうと思ったけど、偽サイトがあるの?」

「フィスラーでフライパン欲しいけど偽物か見分けられない…」

 

 

このようなお悩みをすべて解決していきます。

 

 

 

 

  • この記事の内容
・『Fissler』という怪しい偽サイトの通販情報
・なぜ『Fissler』が偽サイトと断定できるのか見分け方を解説
・通販詐欺にあってしまったあなたへ

 

  • この記事の監修

E-E-A-T/経験、専門性、権威性、信頼性

 

 

 

 

本記事では通販詐欺300サイト以上の分析経験がある筆者が、実際に危険なサイトへ身をもって潜入し、あなたの不安を解消するお手伝いをさせていただきます。

 

 

「とにかく、安全なサイトなのか知りたい!」

「詐欺サイトだったらどうすればいいの…?」

 

 

ネット上にない専門的な内容で解説していきますので、当てはまる方はぜひ最後までご覧ください。

 

『Fissler』という怪しい偽サイトの通販情報

Fissler/フィスラー

 

ネットショップ名(実在するショップ名と同じ場合あり)

Fissler/フィスラー

 

ショップ説明文

フィスラー – 高級調理器具 – ドイツ製: Fissler

 

報告されている危険なURL(アクセス防止のため頭文字 h 抜いています)

ttps://www.fissler-jp.com/

※上記は報告された一部にしか過ぎません。

※他にもありましたら記事の最後にある"コメント"欄に情報提供をお願いします。

 

 

本物の『Fissler』の通販

 

会社情報

(盗用されている可能性あり)

会社名フィスラージャパン株式会社
本社住所〒101-0054
東京都千代田区神田錦町二丁目2番地1 KANDA SQUARE 11F
代表者代表取締役 吉永 寛子
設立1987年6月18日
資本金8,250万円
従業員数325 人
事業内容家庭用台所用品(Fissler社製品)の輸入、販売

 

なぜ『Fissler』が偽サイトと断定できるのか見分け方を解説

①メールアドレスがちがう

Fissler/フィスラー

 

お問い合わせのE-MAIL(メールアドレス)に「SALE@FISSLER-JP.COM」とあります。

 

Fissler/フィスラー

 

しかし別の場所には「sale@starservice.info」と書かれています。

 

お問い合わせ先が違っているなんて怪しいですよね。

 

メールアドレスがバラバラな詐欺サイトは過去にもあったのでご覧ください。

 

 

②会社の情報が複数ある

Fissler/フィスラー
Fissler/フィスラー

 

会社概要が2つありました。

 

普通2つあること自体おかしいですよね?

 

しかも「会社名・本社住所・代表者・設立・資本金…」バラバラです。

 

このような運営会社が複数ある詐欺サイトは以前見かけています。

 

 

 

一番損をしない方法はやっぱり大手ショッピングサイトで欲しいものを安全に買うことですね。

 

 

③公式サイトから注意喚起がある

Fissler(フィスラー)公式サイトから悪質な偽サイトへの注意喚起が発表されています。

 

フィスラーオンラインショップをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
現在、弊社社名、商品画像、テキスト等を無断で使用した偽サイトの存在が確認されております。
それらのサイトに関して弊社とは一切の関係がございません。

偽サイトをご利用になった場合、入力した個人情報が悪用されたり、代金をお支払いされましても商品が送られてこない等の詐欺被害につながる恐れがございます。お客様におかれましては偽サイトへのアクセスや、個人情報の入力、ご注文、ご決済をされないようご注意ください。

弊社の公式インターネットショップは以下のURLのみとなります。

フィスラーオンラインショップ
https://www.fissler.com/jp/
アマゾン フィスラーブランドストア
https://www.amazon.co.jp/stores/Fissler/page/42B2EBA7-9919-4AA4-98E0-85ED182CA255
フィスラーオンラインショップ 楽天市場店
https://www.rakuten.co.jp/fissler/
フィスラーオンラインショップ Yahoo!ショッピング店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/fissler/

※上記以外のサイトで公式と書かれている場合、偽サイトの可能性がございますのでご注意ください。

「偽通販サイト」の特徴
・商品を極端に安い価格で販売している。
・連絡先に電話番号の記載がない。
・お問合せ先として記載されているメールアドレスに問い合わせしても返信がこない。
・お問合せ先のメールアドレスがフリーメールのドメインになっている。
・説明文などに不自然な日本語が使われている。
など

 

公式ショップのURLも掲載されているので、見比べれば間違いを防げるでしょう。

 

通販詐欺にあってしまったあなたへ。「どうすればいいの…」と悩みを聞いてくれる相談窓口があります。

 

読者の皆さまからお悩みの声を多くいただきました。

 

・調べていなかったら買うところでした。
 教えていただきありがとうございます!
・だまされました。悔しいです……。
・本当に詐欺なんですね…。
 不安です。どうしたらいいですか?
・泣き寝入りしない方法はありますか?

 

hutu
たくさんのご連絡
ありがとうございます。

 

どうにか購入する前に当サイトが見つかれば、詐欺被害を防げるお手伝いができるのですが……現実はなかなかうまくいきません。申し訳ないです。

 

そのため少しでもみなさまのお役に立てるようネット通販詐欺にあったらどうすればいいの…?」という疑問を下記にわかりやすくまとめました。

 

今すぐ消費者ホットライン「188」に電話を!

 

消費者ホットラインとは「誰もがアクセスしやすい相談窓口」として政府が開設したものです。

 

通販に関する苦情や問合せなど、あなたの相談に専門の相談員が処理にあたります。

 

もちろん相談は無料です。

 

詳しい説明は下記の公式動画を見てもらう方がわかりやすいでしょう。

 

 

ネットショッピングは便利な分、トラブルが多いものです。

 

特に詐欺サイトはサイト自体が閉鎖されてしまう可能性が高いです(証拠隠滅のため)

 

 

ですので、ひとりで悩まず今すぐ相談に乗ってもらいましょう。

 

 

 

また、詐欺サイトか簡単に見分ける方法も公開しておりますのでご参考ください。

【知らなきゃ損】偽サイト100個分析◎通販詐欺の特徴と見分け方10選!

 

Twitterでフォローしよう

あわせて読みたい